歯列矯正

あなたの歯並びは大丈夫?
不正咬合の種類と治療例を見てみましょう。

好ましくない歯ならび

八重歯・乱ぐい歯(叢生-そうせい-)

八重歯・乱ぐい歯(叢生-そうせい-)|十日市場サンズデンタルオフィス歯科

叢生を伴う反対咬合|十日市場サンズデンタルオフィス歯科

歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)と言います。
叢生の場合、歯ブラシがゆきとどかず汚れが残りやすくなり、虫歯や歯槽膿漏、口臭の原因になることがあります。

 

出っ歯(上顎前突)

うけ口|十日市場サンズデンタルオフィス歯科

上の歯が前に出ているかみあわせを上顎前突(出っ歯)といいます。
歯が出ていると折れたり、くちびるを切ったりしやすく見た目もよくありません。

 

うけ口(反対咬合)

反対咬合|十日市場サンズデンタルオフィス歯科

下の歯が上の歯より前に出ている噛みあわせを反対咬合(うけ口)といいます。
うけ口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく聞きとりにくい話し方になります。
また、顔つきもしゃくれた感じになります。

 

上下顎前突

上下顎前突【口元が出ている感じが気になる人など】|十日市場サンズデンタルオフィス歯科

口元が出ている感じが気になる人など。

 

歯列矯正の方法

歯の矯正には、一般的なワイヤーによる矯正のほか、透明で薄く審美性に優れたマウスピース型の矯正装置などがあります。詳しくは、矯正担当医がお答えしますので、お気軽にご相談ください。

 

Q&A

Q.受け口が気になります。どうしたらいいでしょうか?

A.受け口は反対咬合といってあごの大きさに問題がある場合や歯の生え方に問題がある場合などいろいろな原因が考えられます。いずれも大きくなってから歯科矯正が必要となってくると思いますが、あごの発達を観察するために小さな頃から歯科矯正の専門医に相談した方がいいでしょう。

 

※歯列矯正に関するご質問・ご相談は担当医がお答えします。